広い河原の土手のある町

あれからどれだけの夏が、君を変えていったのか
あれからいくつの夕焼けを、僕はなくして来たんだろう
満員電車に駆け込んで、何かがこぼれ落ちていく
遠くで叫び続けてる
どこかに落としてきたものが

見上げた空、あの日に続く、風を今も探してる
どうしてだろう、どうしてだろう
今も胸を離れない
忘れないよ、風に舞った
小花模様の君のスカート

あの日も僕はこの駅の、ホームにひとり立っていた
見知らぬ街をあてもなく、途方にくれてさまよった

満員電車に飛び乗って、走り続けて生きてれば
いつか会えると信じてた
ただひたすらに、やみくもに

失くした唄、失くした写真、行き先さえも失って
思い出すよ、君の面影
僕は僕を探してる
あの夏の日、君と出会った
広い河原の土手のある町

見上げた空、あの日に続く、風を追って走り出す
落としてきた、心の欠片
それはきっと胸の奥
取り戻すよ、昨日じゃない
今日という日を生きる自分を


Words and Music by Meon Fukamachi 1985-2011.